審査について

 

消費者金融からお金を借り入れるのは、必ず審査があります。
ごく稀に、無審査でOKなんていう業者を見かけることもあるかと思いますが、
これは非常に怪しいです。

例えば逆の立場、お金を貸す側に立って考えてみて、
知らない人に無審査でお金を貸そうと思えるでしょうか?
他にも、ブラックOKとか、他社利用者歓迎しますとか、他店で断られた方などなど、
そのようなうたい文句がどこかに書いてある、こういった業者はまず怪しいですから、
やめておいたほうが無難です。

では審査っていったいどういう仕組みでやっているの?
という方のために簡単に審査の流れを解説します。

審査の流れ

信用情報の照会

申し込みを受けた業者はまず、
それぞれの業者が加盟している個人信用情報機関に、
氏名、生年月日などを元に照会します。

個人信用情報機関にはその人のこれまでの借り入れに関する利用状況がありますので、「他社からいくら借り入れているか?」「返済が滞ってはいないか?」などの情報を得ることができます。
この情報は、それまでに借り入れをしたことのある人であれば、たいていのことはわかってしまいます。
ですので、申し込みの際に自己申告した内容に大きな違いがあったりすると、審査が通らなかったり、 それらの項目について再度質問を受けたりする場合がありますから、申し込み時に自己申告する内容に関しては、 もしも後ろめたいようなことが過去にあったとしても、正直に申告したほうが無難だといえます。

ちなみに、一度も借り入れをしたことがないという人であれば、
情報機関にはなにも登録されていないので、 そのまま次の段階へと進むことができます。

申し込み内容からスコアリング

次に申し込み内容の項目から、点数をつけられます。
年齢、住居、勤務形態などを専用端末に入力すると、 あらかじめスコアリングされるようにプログラムされたコンピュータによって、 点数が計算されます。その点数によっていくらまでなら融資が可能などという具合にすぐにわかるようになっています。

在籍確認

さらに、申し込み内容に記載した勤務先に実際に勤務しているかどうか?担当者が在籍確認のための電話をかけます。
この時には、消費者金融の会社名などは使わずに、個人名で問い合わせるのが一般的です。ですので会社や家族には知られることなく審査は完了するようになっています。

審査が通らない理由

上記の流れで特に問題がなくても、審査を通らない場合もあります。
例えば、申し込み時に窓口での態度や言動が怪しかったり、勤続年数が足りなかったり(最低でも1年以上といわれています) そういった理由から審査がNGになってしまう場合もあります。

業者によってそのあたりの審査基準はさまざまですので、これといった基準はありませんが、
逆にこんな風にきちんとした審査をする業者こそが、
かえって安心して利用できる業者であるともいえるのです。

当サイトのおすすめ消費者金融

準備中です。