総量規制について

総量規制という言葉、最近よく聞かれるようになりました。
貸金業に詳しい方にとっては基本的なことですが、
一般の方の中には、よく知らないといった方がほとんどかと思います。

総量規制とは、個人の借り入れ総額は、 原則として年収の3分の1までしか借り入れができないという決まりです。
貸金業についての法律に貸金業法というのがあり、この法律の改正に伴って2010年より施行されたのが総量規制です。

例えば、年収が300万円の人なら、全ての借り入れの合計が100万円までに制限されます。
既に3分の1を超えている場合であれば3分の1以下になるまでは返済しかできません。
借入先が数社だとしても、ほかの業者なら借り入れが可能というものではなく、
それらはすべて合計して計算される仕組みになっています。
そしてこの総量規制から、除外されるものと、例外とされるものがあります。

総量規制から除外されるの項目

・住宅ローン、リフォームローン
・自動車ローン
・不動産担保ローン
・高額医療費の借り入れ

総量規制の例外とされる項目

・顧客に一方的に有利となる借り換え ※おまとめローン、借り換えなど
・緊急時の医療費
・個人事業者への貸し付け

そしてさらに、総量規制は貸金業者からの借入を対象とした規制なので、
銀行からの貸し付けについては対象外となります。

また、クレジットカードのショッピング枠は現金の借入ではありませんので、これも対象外となります。
ですので、すでに年収の3分の1以上の借り入れをしているという方は、
審査は多少厳しい傾向にはありますが、銀行のカードローンであれば借り入れが可能となります。

総量規制の対象外

・銀行からの借り入れ ※住宅ローン、銀行のカードローンなど
・クレジットカードのショッピング枠

当サイトのおすすめ消費者金融

準備中です。