グレーゾーン金利とは

消費者金融などの貸金業者から融資を受ける場合など、
よく聞かれる言葉にグレーゾーン金利という言葉があります。

個人向けの小口融資について詳しい方であれば、
常識といってもよい言葉ですが、
念のため解説してみたいと思います。

グレーゾーン金利は、総量規制と並んで2010年に完全施行となった、
改正貸金業法によって撤廃となり、現在では存在しないものです。
では、グレーゾーン金利とはいったいどういったものだったのでしょうか。

二つの法律のすきま

2010年に改正される前の貸金業法においても、現在と同じように、
上限金利は元本10万円以下で年20%、10万円以上100万円未満で18%、
100万円以上で15%とされていました。

しかし「みなし弁済」と呼ばれる例外規定があり、一定の書面によって交付することで、
これらを超える金利での融資も可能とされていました。

この際に出資法の上限金利である29.2%を超えない範囲の金利、
例えば元本が10万円以下の場合なら、20%~29.2%の金利が、
グレーゾーン金利ということになるわけです。

例外規定の廃止

上記のような例外規定は、改正貸金業法によって廃止されることとなり、
いかなる場合においても、20%を超える金利での貸し付けはできなくなったわけです。

このことにより、消費者金融などの貸金業者では結果として利益が減ることとなり、
小規模な業者は淘汰され、大手業者においても統廃合や銀行との提携など、
業界自体が再編を余儀なくされます。
こうして現在の銀行系消費者金融と呼ばれる業者へと繋がってゆくわけです。

当サイトのおすすめ消費者金融

準備中です。